牟 田 口 拓 泉 氏
(むたぐち たくせん)
所属:株式会社IHIインフラシステム

授章理由

 牟田口拓泉氏は、平成10年に株式会社IHIに入社された後、平成21年11月からは株式会社IHIインフラシステムに所属されており、その間、鋼橋の架設技術者および保全技術者として、数多くの橋梁工事に携わってこられました。
 これまでの主な実績としては、『若戸大橋ケーブル関係補修工事22-3』の監理技術者として、吊橋のメインケーブルを中心とした健全性の調査、補修方針の策定、補修工事計画の策定および施工を指揮された他、『イズミット湾横断橋の主塔建設工事』ではコンストラクションマネージャーとして、現地の厳しい条件のもと、架設工法の選定、海外での部材・労務調達を行った上で、架設現場を指揮し、短納期での施工の実現に貢献されました。イズミット湾横断橋(オスマン・ガーズィー橋)は平成28年度土木学会田中賞(作品部門)を受賞されています。
 現在は建設部工事西第2グループに所属し、国土交通省近畿地方整備局の『国道2号淀川大橋床板取替他工事』の現場総括所長として活躍されています。
 以上のように、鋼橋の施工現場において特出した実績を残されていることから、鋼橋の発展・普及に対する多大なる貢献が評価され、牟田口拓泉氏はブリッジエンジニアメダルを授章するにふさわしいと認められました。


受章者一覧に戻る