街 道 浩 氏
所属:川田工業(株)

授章理由

 街道 浩氏は、昭和62年に川田工業(株)に入社し、今日まで鋼橋の設計、架設、技術開発及び委員会活動等の広範囲の分野の業務に従事してこられました。
 設計・架設の業績としては、首都高速道路のレインボーブリッジや有明西運河橋などの長大橋梁群の設計及び架設を携わられました。また、第二東名高速道路では少数主桁橋にPC床版を適用した最初の工区である東海大府高架橋、福岡北九州高速道路公社では福岡高速5号線の開断面箱桁橋に鋼・コンクリート合成床版を適用した最初の工区である第502工区高架橋などの性能確認試験と設計施工を遂行し、これら一連の合理化橋梁の実用化において、先駆者的な役割を果たされました。
 さらに、実業務における合成床版の開発や委員会活動を通じて、合成床版の実橋への適用を推進し、現在年間施工量が約20万m2に及ぶ合成床版の普及に貢献されました。この開発の経緯を「スタッドを用いた鋼板・コンクリート合成床版の疲労耐久性の評価と性能照査型設計法の提案」と題してまとめ、博士(工学)の学位を取得するとともに、この成果により、財団法人 災害科学研究所より優秀研究賞を受賞されました。また、業務の過程において、特許・実用新案・意匠等多数の知的財産権を登録されています。
 委員会活動においては、鋼橋技術研究会の「耐震・免震研究部会」の幹事を、土木学会 鋼構造委員会の「道路橋床版の合理化検討小委員会」の幹事長や複合構造委員会の委員を務められるなど、幅広くかつ中心的な役割を果たしてこられました。
 以上のように、鋼橋の建設に関する多彩かつ顕著な貢献が評価され、街道 浩氏はブリッジエンジニアメダルを受章するにふさわしいと認められました。


受賞者一覧に戻る