原 田 政 彦 氏
所属:大日本コンサルタント(株)

授章理由

 原田政彦氏は、昭和60年に大日本コンサルタント(株)に入社され、今日まで様々な橋梁の計画・設計や研究、開発に携わってこられました。
 鋼橋の計画・設計では、中路式ニールセンローゼ橋や曲線単弦ローゼ橋などのアーチ橋の業務や強風・塩害環境下となる離島架橋の業務などを手掛け、阪神高速道路公団に出向していた際には、湾岸線の橋梁設計にも携わっております。その後、既設橋の耐震補強や補修業務にも従事し、それら実務を通して、国土交通省北陸地方整備局から複数の業務で"優良業務表彰"や"優良技術者表彰"を受賞するなど、技術者として高い評価を受けています。
 研究では、複合構造、既設橋の補修・補強技術、振動特性などの論文発表も数多く行い、既設鋼橋の補強効果や診断方法に関する研究において博士号を取得するなど技術の向上に務めています。また、"斜材の実損傷による鋼トラス橋の振動変化に関する一検討"では、第54回構造工学シンポジウム論文賞(土木部門)を受賞するなどの論文でも高評価を得ています。
 また、土木学会年次学術講演会の座長を勤めるとともに、数多くの学協会活動に参加し、現在でも土木学会鋼構造委員会、土木学会中部支部、および北海道土木技術会鋼道路橋研究会に属し、自社組織内にとどまらず、鋼橋発展のために尽力を果たしておられます。
 さらに、橋脚の立替え工法で特許を取得し、その技術は、既設橋梁のグレードアップ工事における安全性と施工性の改善に寄与しています。
 以上のように、鋼橋の計画・設計および維持管理に関する顕著な貢献が評価され、原田政彦氏はブリッジエンジニアメダルを授章するにふさわしいと認められました。


受賞者一覧に戻る