紫 桃 孝 一 郎 氏
所属:東日本高速道路(株)

授章理由

 紫桃孝一郎氏は,昭和56年に日本道路公団に入社され、以来今日に至るまで橋梁の計画、建設、管理とそれに関わる技術開発などの様々な分野の仕事に従事してこられました。中でも、第二東名高速道路をはじめ、日本全国の高速道路橋の計画、設計、施工の管理・監督において独自の発想と指導力を発揮するとともに、これら実プロジェクトでの経験を生かした現場に密着した視点で基準整備等を行ってきたところは、よく知られたことであります。
 研究・開発面では、鋼橋のみならず、コンクリート、複合構造、下部、基礎など多岐にわたって先駆的な業務に取り組んでこられました。特に、鋼橋に関連しては、継手部における溶接とボルトの併用の研究、波型デッキプレートの合成床版の研究、PC床版の疲労研究など幅広く、現場に密着した数々の実験を行っています。
 阪神淡路大地震では、被災した日本道路公団の橋梁復旧工事に尽力し、震災後は、被災経験から得た知識を、橋梁の耐震性能評価や免震化等の研究に生かしてきています。
 現在は、NEXCO東日本 関東支社 三郷管理事務所にて、東京外郭環状道路の管理者として、現場の最前線で日夜、鋼橋の維持管理に従事されています。
 鋼橋技術研究会においては、長年、特別会員として参画し、これまでに技術委員会等で、橋梁形式の選定要領、各種合理化構造の適用事例や今後の展望、さらには維持管理の実態や課題など広範囲で多くの有意義な助言をいただいてきています。
 このように紫桃孝一郎氏は、鋼橋を中心とした橋梁の計画、建設、管理およびその技術開発に関して幅広く深い知識と経験を有し、時代のニーズに合った鋼橋の発展と鋼橋技術研究会活動発展に多大なる貢献を果してきておられ、ブリッジエンジニアメダルを授章するにふさわしいと認められました。


受賞者一覧に戻る