しんきづがわおおはし
新木津川大橋
形 式: 3径間連続鋼床版バランスドアーチ橋
橋 長: 495 m
最大支間長: 305 m
完 成: 1994年
所在地: 大阪府大阪市住之江区〜大正区
管理者: 大阪市
設 計: ニュージェック
施 工: 三井・日橋・川重JV
特 徴: 大阪港周辺の道路整備の一環として木津川河口部に建設された3径間のバランスドアーチ橋で,風や地震に対する抵抗を高めるため,主構面を鉛直面から約10度傾けたバスケットハンドル形式を採用しています.また,支間305mはアーチ橋として日本最大です。水の都大阪にとって橋は都市の交通機能を支えると共に,美しい都市景観を演出し,「なにわ八百八橋」と呼ばれ昔から多くの市民に親しまれています.現在,大阪港周辺のベイエリアでは,「テクノポート大阪」計画の下,21世紀の臨海新都心づくりが進められています.
写真提供: 三井造船