もんぜんがわきょうりょう
門前川橋梁
形 式: 3径間連続トラス橋
橋 長: 188 m
最大支間長: 61.2 m
完 成: 1981年
所在地: 山口県
管理者: JR西日本
設 計: 日本国有鉄道構造物設計事務所、日本交通技術
施 工: 横河,川田,日橋,横河工
特 徴: 本橋はレール面から桁最下端までの寸法を小さくおさえるために,格点の中間にも横桁を配し,縦桁の無い鋼床版床組としています.床組と下弦材が連続して連結されているため,下弦材の軸力が床組の協同作用により減少し,トラス全体の剛性が大きくなるメリットがあります.
写真提供: 横河ブリッジ