いきつきおおはし
生月大橋
形 式: 3径間連続トラス橋
橋 長: 800 m
最大支間長: 400 m
完 成: 1991年
所在地: 長崎県平戸市〜北松浦郡生月町
管理者: 長崎県,長崎県道路公社
設 計: 長大
施 工: 三菱,佐世保,大島,辻産業
特 徴:  本橋の架設により平戸大橋を介し九州本土と陸続きとなった生月島は,隠れキリシタンの里としても名高く,現在は県下届指の水産地です. 本橋の最大支間長400mは,連続トラス橋としては世界1の長さです.中間支点上で高くなったトラスの形状は,周囲の山々の稜線と調和しており,最も高い位置は道路から約45mです. また,海上橋という厳しい自然環境に対処するため,ふっ素樹脂塗料を長大橋としてはじめて全面的に採用しています. 
写真提供: 三菱重工業