やはぎがわばし
矢作川橋(豊田アローズブリッジ)
形 式: 波形鋼板ウェブPC・鋼複合斜張橋
橋 長: 820 m
最大支間長: 235 m
完 成: 2005年
所在地: 愛知県豊田市
管理者: NEXCO中日本
設 計: 八千代エンジニアリング
施 工: 鹿島建設・三井住友建設・横河ブリッジJV,オリエンタル建設・大成建設・川田建設JV
特 徴: 矢作川橋は,第2東名高速道路と東海環状道路との共有区間で,矢作川を渡河する箇所に架かる波形鋼板ウェブPC・鋼複合斜張橋である。斜張橋部は波形鋼板ウェブPC箱桁橋、中間支点部は鋼床版箱桁橋とした。巻き立てコンクリートを介してせん断力を伝達する接合方式を開発。斜材定着部は鋼製定着横梁構造及び鋼製横桁を採用し,桁重量の軽減化を実現した。波形鋼板ウェブの張り出し架設では,プレハブユニット工法により,工期の短縮を実現した。
写真提供: 横河ブリッジ