しらひげばし
白鬚橋
形 式: ブレースドリブタイドアーチ橋
橋 長: 167.6 m
最大支間長: 79.6 m
完 成: 1931年
所在地: 東京都荒川区−墨田区
管理者: 東京都
設 計: 増田 淳
施 工: 川重
特 徴: 外的静定構造系のバランスドタイドアーチ橋であり、アーチリブはトラス組のブレースとリブでこの点が永代橋と異なっています。外観の印象は永代橋の動的な力強さに比較して、静的で落ち着いた風格があります。ブレーストリブ・タイドアーチ型式の特徴はトラス材と同様、軽量の部材により構成されているため、大スパンを比較的容易に架設できるという点です。
写真提供: 石川島播磨重工業