つくだおおはし
佃大橋
形 式: 3径間連続鋼床版箱桁橋
橋 長: 220 m
最大支間長: 90 m
完 成: 1964年
所在地: 東京都中央区明石町〜佃島
管理者: 東京都
設 計:
施 工: IHI
特 徴:  上部構造形式は、3径間連続鋼床版箱桁形式であり、同形式としては我国屈指の規模を誇る橋梁であった。当時著しい地盤沈下が進行していた下町地域にあって、外的不静定構造物を採用したこと、斬新な鋼床版形式の採用や大ブロック一括架設工法を採用するなど、高い技術水準を示した。
写真提供: CRCソリューションズ