やまとがわきょうりょう
大和川橋梁
形 式: 斜張橋
橋 長: 653 m
最大支間長: 355 m
完 成: 1982年
所在地: 大阪府大阪市住之江区
管理者: 阪神高速道路公団
設 計: 三菱・川重・石播・横河JV
施 工: 三菱・川重・石播・横河JV
特 徴: 阪神高速湾岸線の本橋は,中央径間355mを支保工なしの張出架設(当時は日本最長)で施工しました.斜張橋の特徴であるケーブルプレストレスは,塔内に設置されたサドルを所定位置に引き上げることで導入しました.このため,架設完了後にケーブルサドルの調整が不可能なため,架設工事に先立ち架設誤差の分折に始まる架設精度管理手法の開発とコンピューターシユミレーヨンを行い,完成時キャンバー誤差を10mm以下におさめる事に成功しました.
写真提供: 三菱重工業