ぬまおがわばし
沼尾川橋
形 式: 箱桁橋
橋 長: 681 m
最大支間長: 101 m
完 成: 1984年
所在地: 群馬県勢多郡赤城村
管理者: 日本道路公団
設 計: 東骨・川重JV,日橋
施 工: 東骨・川重JV,日橋
特 徴: 関越自動車道の赤城インターと沼田インターの中間に位置し,赤城山西麓の高さ90m,幅約600mにも及ぶ大規模なU字谷を横断する長支間で高橋脚の橋梁です.鋼桁の施工は,最大橋脚高さが約67mであるため,A2橋台側に地組ヤードを設け,そのヤードで地組した桁を順次A1橋台側に油圧ジャッキで送り出す工法で施工を行いました.送り出しを行った鋼重は,上下線の合計で約6000tであす.
写真提供: 東京鉄骨橋梁