さんいんほんせんほづごきょう
山陰本線保津五橋
形 式: 上路・中路補剛アーチ橋
橋 長: 131.7 m
最大支間長: 127 m
完 成: 1988年
所在地: 京都府(第1:京都市左京区,第2:京都市左京区嵐山,第3:亀岡市・保津市)
管理者: 西日本旅客鉄道
設 計: 前田設計・中央復建・パシコン・日本交通技術・東日交通
施 工: 瀧上・宮地・駒井・横河・川重・佐藤・鹿島・飛島
特 徴: 保津五橋は山陰本線嵯峨〜馬堀間の複線化工事の一環として,保津川と交差する五箇所の地点に設けられた一連の橋梁群です.これらの橋梁は全て無塗装用耐候性鋼材を使用しています.構造形式は第一保津川橋梁を除いて全て上路式です.また,第3保津川橋梁が方杖ラーメンですが,それ以外はアーチ橋です.第一:101.7,第二:131.7,第三:110.7,第四:127.0,第五:102.3
写真提供: 川田工業